海外FX業者を選ぶポイント9選

FX業者は自分の取引スタイルにあわせて選択することが大事。具体的には下記のポイントがクリアになっているとよい。

<確認が必須>

信頼性

最大レバレッジ

ゼロカットシステムの有無

入金方法 / 出金方法

スプレッド

入金ボーナスなどのキャンペーンの有無

取引通貨ペア

システムトレード自動売買の可否

両建ての可否

<その他、確認できるとよい項目>

最低取引単位

ロスカット基準

ゼロカットシステムの有無

約定力

スワップポイント

取引ツール・アプリの有無

信頼性

海外のFX業者は、国内のFX業者に比べて、信頼性が不透明なところが多い。ひどい業者では、出金拒否やアカウント停止になったとの報告もあり。

利用者が多いか、出金実績があるか、出金拒否・アカウント停止などの報告がないか、などを事前に調査しておくとよい。

ネット・SNSにある情報は、アフィリエイト業者がお金儲けのために書いている場合が多いので、複数のソースを確認して、情報の真偽を確かめる必要あり。

最大レバレッジ

海外FX業者のメリットはレバレッジの上限が高いことにある。

国内では最大レバレッジが25倍に制限されているのに対し、海外では最大200倍~500倍(業者によっては最大1000倍)のレバレッジをかけることができる。

レバレッジ取引には相応のリスクが伴うため、必ずしも「最大レバレッジが高い=いいこと」ではないが、レバレッジの上限をあげることでチャンスに注力できるなどのメリットもあるため、自身の取引スタイルと相談して、最適なレバレッジで取引できる業者を検討するとよい。

補足として、業者によっては証拠金残高によって設定できる最大レバレッジが異なる場合があるため、レバレッジとその仕様を事前に確認しておくとよい。

例)証拠金200万以下=最大レバレッジ500倍、証拠金200万以上~1000万以下=最大レバレッジ200倍、証拠金1000万以上=最大レバレッジ100倍など

ゼロカットシステムの有無

海外FX業者での最大レバレッジ取引では、大きな損失が発生して残高がマイナスになる場合が考えられるため、「ゼロカットシステム」と呼ばれる制度が採用されている業者を選んでおくとよい。

ゼロカットシステムは、仮に大きな損失が発生して残高がマイナスになっても、業者側が損失分の金額を補填してくれる制度のことで、トレーダー側に追証(借金)が発生しないため、安心して取引ができる。

ゼロカットシステムは多くの海外FX業者で採用されているため、ゼロカットシステムが採用されている業者から、実際に取引する業者を選ぶとよい。

スプレッド

スプレットはFX業者を比較検討する上で、非常に重要な要素。

スプレッドとは、「Bid(売値)」と「Ask(買値)」の差額のことで、一般的にこの差額が狭いほど、手数料を抑えて取引ができるので、できるだけスプレッドが狭い業者を選んだ方がよい。

入金キャンペーンなどの有無

海外FX業者では、キャンペーンやサービスの一部として、口座開設ボーナス/入金ボーナス/取引ボーナスなどが積極的に採用されている。

口座開設ボーナス

口座開設時に特典が貰えるパターン。 3,000円~10,000円相当のクレジットが貰える場合が多い。 口座を開設さえすれば、入金不要で取引を開始できるので、ノーリスクでFXを始められる。 さらにクレジットを使った取引で利益が発生した場合は、その利益分を出金できる業者が多いので、やって損なし。

口座開設ボーナス

入金時に特典が貰えるパターン。 入金した金額の20~100%相当のクレジットが貰える場合が多い。 例えば、入金ボーナス100%キャンペーンを実施している業者に10万円入金した場合、10万円相当のクレジットが貰えるので、倍の20万円を資金として取引を開始できる。 手持ちのお金よりも余裕がある状態で取引をスタートできる。

口座開設ボーナス

入金したお金で実際に取引した際に特典が貰えるパターン。 取引額に応じて、クレジットが貰える場合が多い。