海外FX業者を選ぶポイント9選

海外FX業者は安心して取引が行えるか、そして自分の取引スタイルにあったものを選択できているかが大切です。海外FX業者を選ぶ際に確認したいポイントを見ていきましょう。

<確認が必須>

信頼性

最大レバレッジ

ゼロカットシステムの有無

入金方法 / 出金方法

スプレッド

入金ボーナスなどのキャンペーンの有無

取引通貨ペア

システムトレード自動売買の可否

両建ての可否

<その他、確認できるとよい項目>

最低取引単位

ロスカット基準

ゼロカットシステムの有無

約定力

スワップポイント

取引ツール・アプリの有無

信頼性

海外のFX業者は、国内のFX業者に比べて開示されている情報が少なく、運営状況が不明瞭な傾向にあります。サイトにまとめられた情報を鵜呑みにするのではなく、利用者の評価や評判を確認して、きちんと運営がされているのか、安心して取引が行える業者なのか確認する必要があります。

利用者の評価や評判は、TwitterなどのSNSサービスで検索すると鮮度の高い情報が確認できます。宣伝目的のアカウントも存在しているため、発言しているアカウントも確認が必要です。

評価・評判は、利用者が多いか、出金実績が複数あるか、注文が通らない・出金拒否された・アカウント停止になったなどの報告がないか、といった観点で調べるとよいです。サポートに問い合わせた際の対応の良し悪しも確認できます。

最大レバレッジ

国内のFX業者はレバレッジが最大25倍に制限されているのに対し、海外では最大200〜1000倍近いのレバレッジをかけることができます。信用取引にはリスクが伴うため、必ずしもレバレッジが高いが良いことではないですが、レバレッジの上限をあげることでチャンスに注力できるメリットがあります。

最大レバレッジは、海外でも業者によって上限が異なっており、最大500倍まで取引できる業者〜最大1000倍まで取引できる業者があります。傾向としては最大500倍の業者が多く、レバレッジの高い業者だと最大1000倍近いレバレッジが利用可能です。※XM Trading では最大888倍のレバレッジが利用可能

<補足>業者によって、証拠金残高によって取引できる最大レバレッジが異なる場合があります。証拠金として入れるお金で利用できる最大レバレッジも確認してください。 例)証拠金200万以下=最大レバレッジ500倍、証拠金200万以上~1000万以下=最大レバレッジ200倍、証拠金1000万以上=最大レバレッジ100倍など

ゼロカットシステムの有無

海外のFX業者では、取引で証拠金残高がマイナスになるような損失が発生した場合でも、業者側が損失分を補填してくれる「ゼロカットシステム」と呼ばれる制度が採用されています。ハイレバレッジ取引では損失のリスクも高くなりますが、証拠金残高がマイナスになるような損失が発生した場合でも、追証が発生する心配なく安心して取引が可能です。

ゼロカットシステムは海外のFX業者であれば、基本どの業者でも採用されている必須制度ですが、業者を選ぶ際には制度の有無と仕様を確認しておく必要があります。

スプレッド

スプレッドは「Bid(売値)」と「Ask(買値)」の差額のことで、一般的にこの差額が狭いほど、取引手数料を抑えて取引ができるので、できるだけスプレッドが狭い業者を選んだ方がよいです。

入金キャンペーンなどの有無

海外FX業者では、キャンペーンやサービスの一部として、口座開設ボーナス/入金ボーナス/取引ボーナスなどが積極的に採用されています。特に口座開設ボーナスや入金ボーナスは、お試しではじめてみたい人や少額資金ではじめてみたい人におすすめです。

口座開設ボーナス

口座開設時に3,000円~10,000円相当のボーナスクレジットが貰える場合があります。口座開設さえすれば、入金不要で取引を試すことができるので、お試しではじめてみたい人におすすめです。ボーナスクレジットを使った取引で利益が発生した場合は、その利益分を出金できる業者が多いので、ぜひ活用してみてください。

入金ボーナス

口座開設して入金した際、入金した金額の20~100%相当のクレジットが貰える場合があります。 例えば、入金ボーナス100%キャンペーンを実施している業者に10万円入金した場合、10万円相当のボーナスクレジットが追加され、倍の20万円を証拠金残高として取引を開始できます。少額資金でも、証拠金残高に余裕を持った状態で取引を始めることが可能です。

取引ボーナス

入金したお金で実際に取引した際に特典が貰えるパターン。 取引額に応じて、ボーナスクレジットが貰える場合が多いです。