TitanFXでFXをはじめよう!評判・特徴を徹底解説

業界最狭クラスのスプレッドと、最大500倍のハイレバレッジ取引が特徴の「TitanFX(タイタンFX)」について、概要情報をまとめました。本記事では、TitanFXの特徴、口座の種類、口座の開設/入金方法など、取引をはじめる前に知っておきたい情報を網羅的に解説しています。TitanFXでFXをはじめたい方、口座開設を検討している方におすすめです。

TitanFXとは

TitanFXは、バヌアツで金融ライセンスを取得している海外FX業者です。実質0.1pips~の業界最狭スプレッドと、最大500倍のハイレバレッジ取引が特徴です。TitanFXには、他の海外FX業者にあるようなボーナスポイント制度が一切ありませんが、その代わりに業界最狭スプレッドが実現されています。他のFX業者と比べても、手数料を抑えられるので、スキャルピングなど、1日に複数回決済をする取引にも向いています。

TitanFX 公式サイト

項目 詳細
サービス名 TitanFX(タイタンFX)
公式サイト https://titanfx.com/ja/
運営会社 Titan FX Limited (previously named TI Securities Limited)
所在地 Vanuatu(バヌアツ)
1st Floor, Govant Building, Kumul Highway Port Vila, Vanuatu

TitanFXの特徴

特徴① 業界最狭スプレッド 実質0.1pips~

業界最狭スプレッドと謳われている通り、スプレッド手数料がとにかく破格です。口座タイプによってスプレッドが異なりますが、実質0.1pips〜のスプレッド手数料で取引可能です。ハイレバレッジで取引可能でありながらも、スキャルピングなど、1日に複数回決済をする取引にも向いています。

特徴② レバレッジ最大500倍 残高による変動なし

TitanFXでは、レバレッジを最大500倍までかけることが可能です。例えば、10万円の資金で最大5000万円相当の取引が可能です(※実際には証拠金維持率の制限あり)。少額の資本でも取引をはじめやすいです。ハイレバレッジが可能なFX業者には、残高が増えるとレバレッジの最大倍数が制限されるところがありますが、TitanFXでは残高に関係なく最大レバレッジ500倍の取引が可能です。

特徴③ ゼロカットシステム採用 追証の心配なし

ハイレバレッジの取引では、大きく損をしたときに追証・借金が発生することが懸念されますが、TitanFXではゼロカットシステムが採用されているので、追証・借金が発生することはありません。仮に資金がマイナスになっても、口座残高が0にリセットされます。あとから多額の請求がくる心配がないので安心して取引できます。

ゼロカットシステムとは?
口座残高がマイナスになった場合に、FX業者側がマイナス分の金額を補填・肩代わりしてくれる制度です。

特徴④ ロスカット水準:証拠金維持率20%以下

TitanFXのロスカット水準は、証拠金維持率20%以下に設定されています。国内のFX業者は、ロスカット水準が証拠金維持率50〜100%以下に設定されている場合が多いので、ロスカット水準は低いと言えます。ハイレバレッジを活かした取引が可能ですが、強制ロスカットありきの取引を推奨するものではないので、証拠金維持率の管理は個人で徹底してください。

特徴⑤ 取引プラットフォーム:MT4

TitanFXでは、取引プラットフォームとして「MT4(MetaTrader4)」が採用されています。MetaTraderは世界で最も普及率の高い取引プラットフォームで、チャート機能が非常に充実しています。通常の売買取引はもちろん、オリジナルのテクニカル指標やシステムトレードの設定が行えるので、取引の際、強い武器になります。スマートフォン版のアプリも提供されており、PC・スマートフォンどちらの環境でも使用することができます。

選べる2種類の口座タイプ

TitanFXには、「スタンダードZERO」と「ブレードZERO」の2種類の口座タイプがあります。 口座タイプによって取引手数料の仕組みが異なるので、自分の取引スタイルにあった口座タイプを選択してください。

TitanFX 口座タイプ

スタンダードZERO(DMA STP方式)

取引手数料が無料の代わりに、1.0〜2.0pips前後(※)のスプレッド手数料がかかる口座タイプです。1.0〜2.0pips前後のスプレッド手数料であれば他のFX業者と大差ないので、そこまで大きな特徴はなく一般的な口座タイプと言えます。取引額が増えることに比例して、取引手数料が大きくなります。

通貨ペア USDJPY EURUSD EURJPY AUDUSD GBPUSD
スプレッド手数料 1.2pips 1.1pips 1.2pips 1.3pips 1.8pips

ブレードZERO(DMA ECN方式)

取引手数料が1ロットあたり$3.5のかかる代わりに、業界最狭スプレッド手数料0.1〜1.0pips前後(※)で取引できる口座タイプです。スプレッド手数料は、スタンダードアカウントに比べて1.0pipsほど低く設定されています。$3.5の取引手数料がかかりますが、ハイレバレッジでの取引の場合はその分取引額が大きくなるため、1回あたりの取引額が大きい人ほどこちらの口座タイプが割安になります。

通貨ペア USDJPY EURUSD EURJPY AUDUSD GBPUSD
スプレッド手数料 0.2pips 0.1pips 0.2pips 0.3pips 0.7pips

結局どっちを選べばいい?

取引額にもよりますが、後者のブレードZEROがおすすめです。最大500倍のハイレバレッジを活かす場合、当然取引額も増えるので、スプレッド手数料が低いブレードZEROとの相性がよいからです。仮にUSDJPYを1ロット(10万通貨)を取引した場合、スタンダードZEROは「100,000通貨×スプレッド1.2=1,200円」の手数料がかかりますが、ブレードZEROは「385円(=$3.5×110円)+100,000通貨×スプレッド0.2=585円」の手数料で済みます。

※スプレッド手数料は、記事作成時にUSDJPY/EURUSD/EURJPY/AUDUSD/GBPUSDを対象に調査したものです。スプレッド手数料は変動するため、参考数値としてご確認ください。リアルタイムのスプレッド手数料はTitanFX公式サイトでご確認いただけます。

TitanFX口座の作り方

TitanFX公式の口座開設ページにアクセスしてください。

TitanFX 口座開設ページ

口座開設ページを開いたら、「クライアントキャビネット情報(名前/名字/メールアドレス/生年月日/パスワード)」「連絡先(国/電話番号/市区町村以降の住所/市町村/都道府県/郵便番号)」「取引口座(口座タイプ/レバレッジ/基本通貨)」を入力・選択してください。英数字しか使用できないので、住所などもすべてアルファベットで入力する必要があります。

「電話番号」の入力
入力欄の先頭に「+81」の数字が記載されていますが、「+81」は日本の電話番号を意味するので、先頭の0を除いた番号を続けて入力してください。例)携帯電話の場合、+81 90-XXXX-XXXX など

入力が完了したら、利用規約に同意するにチェックを入れて、「口座開設」を選択してください。入力したメールアドレス宛にメールが届くので、本文に記載されているURLを開けば口座の仮開設が完了します。

TitanFX マイページ

ログイン画面でメールアドレスとパスワードを入力すれば、マイページに入ることができます。ログイン後は、「①お客様情報の入力(秘密の質問/秘密の質問の答え/雇用業種/雇用形態/投資額/投資期間)」「②身分証明書の確認」「③住所の確認」のステップを進めて、口座開設を完了させてください。

身分証明書の確認は、「パスポート」「運転免許証」「マイナンバー」いずれかの書類1点で行えます。書類を撮影して提出→自分の顔写真を自撮りして提出→機械的に顔認証がされる→問題なければクリアです。このとき記載住所の確認はされないので、現住所の記載内容と差異があっても問題ありません。現住所の確認は次のステップで行われます。

現住所の確認は、3ヶ月以内に発行された「住民票」「銀行・カード利用明細票」「公共料金請求書」いずれかの書類1点で行えます。書類を撮影して提出→TitanFXスタッフが目視確認→問題なければクリアです。スタッフによる目視確認が入るため、認証完了までに1営業日ほど時間がかかります。

TitanFX口座への入金方法

TitanFX口座への入金方法には、「クレジットカード」「NETELLER(ネッテラー)」「Skrill(スクリル)」「Bitwallet」「電信送金」が用意されていますが、「NETELLER」と「Skrill」は日本では利用することができず、また、2019年3月以降、「電信送金」も利用不可となっています。よって、2019年現在、利用できる入金方法は、「クレジットカード」「Bitwallet」のみとなります。

入金方法によって反映時間・手数料などが異なるので、最適な入金方法を選択して入金できるとよいです。詳細はこちらをご覧ください。

MT4のダウンロード方法

TitanFX口座で取引をはじめるには、取引プラットフォーム「MT4(MetaTrader4)」のダウンロード(無料)が必要です。TitanFXの公式サイトまたはMetaTrader公式サイトからダウンロードしてください。Windows版・Mac版・iPhone版・iPad版・Android版が提供されているので、自身の環境にあったものを選択してください。

MT4のダウンロードが完了したら、自身の口座にログインする必要があります。TitanFXでは口座開設時に「MT4口座ログイン情報」がメールで送付されているので、このメールに記載されている「口座番号(ログインID)」「パスワード」「サーバー」を入力・選択してログインしてください。

TitanFX MT4 口座ログイン情報

口座番号(ログインID):7桁程度の数字
パスワード:7文字程度の英数字
サーバー:TitanFX-01、TitanFX-02など

無事、口座にアクセスすることができれば、取引を開始できます。

あわせて読みたい記事