XMでFXをはじめよう!評判・特徴を徹底解説

最大888倍のハイレバレッジ取引が特徴の「XM(エックスエム)」について、概要情報をまとめました。本記事では、XMの特徴、口座の種類、口座の開設/入金方法など、取引をはじめる前に知っておきたい情報を網羅的に解説しています。XMでFXをはじめたい方、口座開設を検討している方におすすめです。

XM(XMTrading)とは

XM(XMTrading)は、セーシェルで金融ライセンスを取得している海外FX業者です。ハイレバレッジ取引と充実したボーナスポイントシステムが評価され、日本でもトップクラスの人気があります。2009年に営業が開始され、2016年には会員数100万人を突破しています。あのオリンピック金メダリスト、ウサイン・ボルト選手が公認大使に就任したことでも話題になりました。

XM 公式サイト

項目 詳細
サービス名 XMTrading(エックスエム トレーディング)
公式サイト https://www.xmtrading.com/jp/
運営会社 Tradexfin Limited
所在地 Seychelles(セーシェル)
F20, 1st Floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles

XMの特徴

特徴① 業界最高クラスのレバレッジ888倍

XMでは、レバレッジを最大888倍までかけることができます。例えば、10万円の資金で最大8800万円相当の取引が可能です(※実際には証拠金維持率の制限あり)。国内のFX業者はレバレッジが最大25倍に規制されているので、この差はかなり大きいです。他の海外FX業者と比較してもレバレッジの倍数が高いので、少額の資金でも取引をはじめることができます。

特徴② ゼロカットシステム採用

ハイレバレッジの取引では、大きく損をしたときに追証・借金が発生することが懸念されますが、XMではゼロカットシステムが採用されているので、追証・借金が発生することはありません。仮に資金がマイナスになっても、口座残高が0にリセットされます。あとから多額の請求がくる心配がないので安心して取引できます。

ゼロカットシステムとは?
口座残高がマイナスになった場合に、FX業者側がマイナス分の金額を補填・肩代わりしてくれる制度です。

特徴③ ロスカット水準:証拠金維持率20%以下

XMのロスカット水準は、証拠金維持率20%以下に設定されています。国内のFX業者は、ロスカット水準が証拠金維持率50〜100%以下に設定されている場合が多いので、ロスカット水準は低いと言えます。ハイレバレッジを活かした取引が可能ですが、強制ロスカットありきの取引を推奨するものではないので、証拠金維持率の管理は個人で徹底してください。

特徴④ 取引プラットフォーム:MT4/MT5

XMでは、取引プラットフォームとして「MT4(MetaTrader4)」「MT5(MetaTrader5)」が採用されています。FX業者によってはMT4しか対応していないところも多いですが、XMはMetaTraderの最新バージョンであるMT5にも対応しています。

MetaTraderは世界で最も普及率の高い取引プラットフォームで、チャート機能が非常に充実しています。通常の売買取引はもちろん、オリジナルのテクニカル指標やシステムトレードの設定が行えるので、取引の際、強い武器になります。スマートフォン版のアプリも提供されており、PC・スマートフォンどちらの環境でも使用することができます。

特徴⑤ 充実したボーナスポイント制度

XMでは、「口座開設時に3,000円のボーナスポイントが貰える」「最大約50万円分の入金ボーナスポイントが貰える」など、ボーナスポイント制度が充実しています。うまく制度を活用することで、入金額以上の資金を運用することが可能です。詳しくは後述します。

選べる3種類の口座タイプ

XMには、「マイクロ口座」「スタンダード口座」「XMTrading Zero口座」の3種類の口座タイプがあります。口座タイプによって、取引額や取引手数料の仕組みが異なるので、自分の取引スタイルに合った口座タイプを選択してください。

XM 口座タイプ

マイクロ口座 / スタンダード口座

「マイクロ口座」と「スタンダード口座」は、取引手数料が無料の代わりに、1.0pips〜(※)のスプレッド手数料がかかる口座タイプです。都度1.0pips以上のスプレッド手数料がかかってしまうので、どちらかというとデイトレードやスイングトレードなど、大きな値幅を狙う取引に向いています。通貨によっては、3.0〜4.0pips程度かそれ以上のスプレッド手数料がかかる場合もあります。「マイクロ口座」と「スタンダード口座」は、レバレッジを最大888倍までかけることができ、また、取引時にボーナスポイントを獲得することができます。

「マイクロ口座」と「スタンダード口座」の内容は基本的に同じですが、取引できる金額感が異なります。「スタンダード口座」は1ロット=100,000通貨に設定されているのに対し、「マイクロ口座」は1ロット=1,000通貨に設定されています。小さい金額で取引したい人は「マイクロ口座」、大きい金額で取引したい人は「スタンダード口座」を選択するとよいです。なお、「スタンダード口座」を選択しても、最小で0.01ロット(1,000通貨)の取引ができるので、少額ではじめたいけど、今後金額が増える可能性のある人は、「スタンダード口座」を選択しておくと無難です。

通貨ペア EURUSD EURGBP USDJPY EURJPY NZDUSD AUDUSD GBPJPY
スプレッド手数料 1.9pips 2.3pips 1.8pips 2.6pips 3.0pips 1.9pips 3.8pips

XMTrading Zero口座

「XMTrading Zero口座」は、取引手数料が1ロットあたり$5かかる代わりに、スプレッド手数料0.1〜1.0pips前後(※)で取引できる口座タイプです。スプレッド手数料が抑えられるので、スキャルピングなど、細かい値幅を狙うトレードに向いています。「XMTrading Zero口座」は、最大レバレッジが888倍ではなく500倍までしかかけられず、また、取引ボーナスを獲得することができないので注意が必要です。

通貨ペア EURUSD EURGBP USDJPY EURJPY NZDUSD AUDUSD GBPJPY
スプレッド手数料 0.2pips 0.1pips 0.1pips 0.4pips 1.0pips 0.2pips 1.6pips

結局どれを選べばいい?

「スタンダード口座」がおすすめです。XMの特徴であるハイレバレッジ取引とボーナスポイント制度を活用できます。

ボーナスポイント制度が充実

XMでは、口座開設時、入金時、取引時など、さまざまなタイミングでボーナスポイントを獲得できます。ボーナスポイント自体は出金できませんが、取引に使用することができるので、うまく利益をだすことができれば、利益分を現金で出金することができます。XMで獲得できるボーナスポイントは以下の通りです。

口座開設ボーナス・・・3,000円分のボーナスポイントが貰える

XM口座を開設すると、3,000円のボーナスポイントを獲得できます。通常、口座開設後に入金を行わないと取引できませんが、XMでは口座開設後すぐにボーナスポイントを使って取引することが可能です。まずはXM口座開設をして、口座開設ボーナスを受け取りましょう。

入金ボーナス・・・最大約50万円分のボーナスポイントが貰える

入金総額が約5万円($500)以下の場合は、入金金額の100%分を入金ボーナスとして獲得できます。例えば、1万円を入金すると、1万円+1万円分のボーナスポイントが付くので、実質2万円の取引ができます。100%の入金ボーナスは、最大約5万円($500)分まで受け取ることができます。

入金総額が約5万円($500)を超えた場合は、入金金額の20%分を入金ボーナスとして獲得できます。例えば、1万円を入金すると、1万円+2,000円分のボーナスポイントが付くので、実質1万2000円分の取引できます。20%の入金ボーナスは、最大約45万円($4,500)分まで受け取ることができます。100%の入金ボーナスと20%の入金ボーナスを最大まで受け取った場合、最大約50万円($5,000)相当になります。

取引ボーナス・・・ロイヤルティプログラムで上限なくボーナスポイントが貰える

XMには、口座開設ボーナス・入金ボーナスとは別に、トレード会員向けのロイヤリティプログラムが存在します。ロイヤリティプログラムとは、会員ステータスに応じて取引ボーナスを獲得できる制度です。会員には「Executive」「Gold」「Diamond」「Elite」の4種類のステータスが存在し、このステータスがあがるほど取引時に獲得できるボーナスポイントが増えます。例えば、Executiveの場合、1ロット(10万通貨)の取引時で10XMP(=ボーナスポイント約360円)、Eliteの場合、1ロット(10万通貨)の取引時で20XMP(=ボーナスポイント約730円)を獲得できます。獲得金額に上限がないので、取引を続ける限りこのボーナスポイントを受け取ることができます。

ロイヤリティ・ステータス 取引ボーナス
Executive 1ロットあたり10XMP(=ボーナスポイント約360円)
Gold 1ロットあたり13XMP(=ボーナスポイント約470円)
Diamond 1ロットあたり16XMP(=ボーナスポイント約580円)
Elite 1ロットあたり20XMP(=ボーナスポイント約730円)

XM口座の作り方

XM口座は、5分ほどの時間があれば口座の開設が可能です。その後、本人確認を行い取引に進む流れになります。まずはXM公式の口座開設ページにアクセスしてください。

XM 口座開設ページ 1/2

口座開設ページを開いたら、「個人情報(名前/名字/居住国/希望言語/電話番号/メールアドレス)」「取引口座詳細(取引口座プラットフォームタイプ/口座タイプ)」を入力・選択してください。英数字しか使用できないので、すべて英数字で入力する必要があります。入力・選択が完了したら「ステップ2へ進む」を選択してください。

「電話番号」の入力
入力欄の先頭に「+81」の数字が記載されていますが、「+81」は日本の電話番号を意味するので、先頭の0を除いた番号を続けて入力してください。例)携帯電話の場合、+81 90-XXXX-XXXX など
「取引口座プラットフォームタイプ」の選択
「MT4」「MT5」のいずれかを選択できます。MT4・MT5は海外のFX業者で使用されることの多い無料の取引ツールです。XMでは、チャートで値動き確認したり、買いや売りの注文を入れるために必要なツールになります。MT4とMT5はバージョンが異なり、MT4の方がバージョンが古く、MT5が最新バージョンになります。基本、最新のMT5の方がレイアウト・機能が充実しているので、初心者の方におすすめです。ただし、MT4用に作られたインジケーター・オシレーターがMT5に対応していない場合があるので、MT4用に作られた機能を流用したい場合は、MT4を選択する必要があります。
「口座タイプ」の選択
「マイクロ口座」「スタンダード口座」「XMTrading Zero口座」いずれかの口座タイプを選択してください。各口座タイプの特徴は前述の通りです。

XM 口座開設ページ 2/2

口座開設ページのステップ2に進んだら、「個人情報(名前/名字/生年月日)」「住所詳細(都道府県・市/番地・部屋番号/区町村・町名/郵便番号/納税義務のある米国市民であるか)」「取引口座詳細(口座の基本通貨/レバレッジ/口座ボーナス)」「投資家情報(投資額/取引の目的および性質/雇用形態/学歴/推定所得総額/推定純資産)」「口座パスワード(口座パスワード/パスワードの確認)」を入力・選択してください。「名前」「名字」のみカタカナ、残りはすべて英数字で入力してください。

入力・選択が完了したら、利用規約に同意するにチェックを入れて、「リアル口座開設」を選択してください。入力したメールアドレス宛にメールが届くので、本文に記載されているURLを開けばXM口座開設完了です。

XM口座への入金方法

XM口座への入金は、「国内銀行送金」「クレジットカード(VISA)」「クレジットカード(JCB)」「Bitwallet」「SticPay」「BXone Wallet」いずれかの方法で行えます。入金方法によって反映時間・手数料などが異なるので、最適な入金方法を選択して入金できるとよいです。

あわせて読みたい記事