XMの口座タイプまとめ!各口座の特徴とおすすめを徹底解説

XMの口座タイプに関する情報をまとめました。XMには「マイクロ口座」「スタンダード口座」「Zero口座」3種類の口座タイプがありますが、口座タイプによって取引可能額や取引手数料が異なります。本記事では、各口座の特徴とおすすめをわかりやすく解説します。

XMの口座タイプは全部で3種類

各口座タイプの特徴

XMには「マイクロ口座」「スタンダード口座」「ZERO口座」、3種類の口座タイプがあり、口座開設時に自由に選択することができます。「マイクロ口座」と「スタンダード口座」は、取引手数料がかからない代わりにスプレッドが広いタイプの口座、「ZERO口座」は取引手数料がかかる代わりにスプレッドが狭いタイプの口座です。「マイクロ口座」と「スタンダード口座」は基本的に同じタイプの口座ですが、取引額によって マイクロ / スタンダード に分けられています。

マイクロ口座
取引手数料がかからないが、
スプレッドが広い口座タイプ

取引額 : 小さい
スタンダード口座
取引手数料がかからないが、
スプレッドが広い口座タイプ

取引額 : 大きい
ZERO口座
取引手数料はかかるが、
スプレッドが狭い口座タイプ

取引額 : 大きい

各口座タイプの詳細

各口座タイプの詳細は以下の通りです。口座タイプによって、最大レバレッジや手数料、ボーナスの受け取り可否が異なります。

マイクロ口座 スタンダード口座 ZERO口座
基本通貨 USD, EUR, JPY USD, EUR, JPY USD, EUR, JPY
取引額 1ロット=1,000通貨 1ロット=100,000通貨 1ロット=100,000通貨
最大レバレッジ 証拠金20,000ドルまで 最大888倍 最大888倍 最大500倍
証拠金100,000ドルまで 最大200倍 最大200倍 最大200倍
証拠金100,000ドル以上 最大100倍 最大100倍 最大100倍
ゼロカットシステム 採用 採用 採用
取引手数料 なし なし あり
スプレッド手数料 最小1pips〜 最小1pips〜 最小0pips〜
最大保有可能ポジション 200ポジション 200ポジション 200ポジション
最小取引サイズ MT4 0.01ロット 0.01ロット 0.01ロット
MT5 0.1ロット 0.01ロット 0.01ロット
取引ごとのロット制限 100ロット 50ロット 50ロット
口座開設ボーナス あり あり あり
入金ボーナス あり あり なし
取引ボーナス あり あり なし
最低入金額 5ドル 5ドル 100ドル

取引額 : 「スタンダード口座」と「ZERO口座」は1ロット=100,000通貨なのに対して、「マイクロ口座」のみ1ロット=1,000通貨になります。取引額を抑えて取引したい場合は「マイクロ口座」がおすすめです。

最大レバレッジ : 「マイクロ口座」と「スタンダード口座」は最大レバレッジ888倍なのに対して、「ZERO口座」のみ最大レバレッジ500倍になります。レバレッジ888倍で取引したい場合は「マイクロ口座」または「スタンダード口座」を選択する必要があります。また、すべての口座タイプ共通で、保有している証拠金残高に応じてレバレッジに制限がかかります。どの口座タイプも証拠金残高20,000ドルを超えると最大レバレッジが200倍に制限され、証拠金残高100,000ドルを超えると100倍に制限されます。

ゼロカットシステム : すべての口座タイプでゼロカットシステムが採用されています。仮に口座残高がマイナスになっても、マイナス分の残高が0にリセットされます。追証・借金など、あとから多額の請求がくる心配はありません。

取引手数料 : 「ZERO口座」のみ、取引手数料が発生します。取引手数料は、1ロットあたり片道5ドル(往復10ドル)になります。

取引ボーナス : XMには「ロイヤリティプログラム」という制度があり、取引をする度にボーナスポイントを獲得することができます。ボーナスポイントは取引量に応じて上限なく獲得できるので、非常に魅力的な制度になっています。「マイクロ口座」と「スタンダード口座」はロイヤリティプログラムの対象で、「ZERO口座」はロイヤリティプログラムの対象外になります。

各口座タイプの平均スプレッドを比較

各口座タイプの平均スプレッドを人気通貨ペア順にまとめました。平均スプレッドは公式サイト(スプレッド)を参照しています。スプレッドは市場コンディションによって大きく変動する場合があるため、目安程度にご確認ください。

通貨ペア マイクロ口座 スタンダード口座 ZERO口座
EUR / USD 1.7pips 1.7pips 0.1pips 1.6pips
USD / JPY 1.6pips 1.6pips 0.1pips 1.5pips
GBP / USD 2.4pips 2.4pips 0.3pips 2.1pips
AUD / USD 1.9pips 1.9pips 0.4pips 1.5pips
USD / CAD 2.2pips 2.2pips 0.5pips 1.7pips
USD / CHF 2.3pips 2.3pips 0.4pips 1.9pips
EUR / GBP 1.8pips 1.8pips 0.3pips 1.5pips
EUR / JPY 2.5pips 2.5pips 0.4pips 2.1pips
AUD / JPY 3.3pips 3.3pips 1.2pips 2.1pips

「マイクロ口座」と「スタンダード口座」はスプレッドが同じで、人気通貨ペアの平均スプレッドは1.6〜3.3pipsになっています。一方、「ZERO口座」のスプレッドはかなりの極小になっており、人気通貨ペアの「EUR / USD」「USD / JPY」で0.1pips、全体で見ても0.1〜1.2pipsになっています。ZERO口座は取引ボーナスの対象外になっている分、スプレッド手数料を抑えることに特化している口座タイプと言えます。

「マイクロ口座」と「スタンダード口座」どちらがお得か

おすすめの口座タイプは扱う通貨ペアや取引スタイルによって異なりますが、ここでは「EUR / USD」を1ロット往復取引した場合を例に、簡単なケーススタディをご紹介します。取引額をあわせるため、「スタンダード口座」と「ZERO口座」を対象に比較しています。

「EUR / USD」を1ロット往復取引した場合の手数料

スタンダード口座 ZERO口座
取引手数料 なし 往復10ドル
スプレッド手数料 往復17ドル(1.7pips) 往復1ドル(0.1pips)
合計 往復17ドル 往復11ドル

「EUR / USD」を1ロット往復取引した場合の手数料は、「スタンダード口座」は往復17ドル、「ZERO口座」は往復11ドルなので、手数料は「ZERO口座」の方がお得になります。

「EUR / USD」を1ロット往復取引した際に獲得できる取引ボーナス

スタンダード口座 ZERO口座
取引ボーナス 約6.7ドル相当(最大20XMP) なし

「EUR / USD」を1ロット往復取引した際に獲得できる取引ボーナスは、「スタンダード口座」は約6.7ドル相当、「ZERO口座」はゼロなので、取引ボーナスは「スタンダード口座」の方がお得になります。先ほどの手数料では「ZERO口座」が6ドルお得でしたが、取引ボーナスでは「スタンダード口座」が約6.7ドル相当お得という結果になりました。

ケーススタディのまとめ

単純に総額だけで考えると、「スタンダード口座」の方がわずかにお得になりますが、ボーナスポイントは出金時に消滅することを考えると、「ZERO口座」の方がメリットが大きいと考える方もいると思います。とどのつまり、総額はどちらの口座タイプも同等なので、「手数料を優先するか」「ボーナスポイントを優先するか」で口座タイプを選択するとよいです。ただし、レバレッジ888倍の取引ができるのは「スタンダード口座」のみになります。

おすすめの口座タイプ

スタンダード口座

手数料とボーナスポイントの総額は「ZERO口座」と同等か、ボーナスポイントは出金時に消滅する分マイナスですが、レバレッジ888倍の取引ができることがXMの最大の特徴と考えると、「スタンダード口座」が1番のおすすめです。証拠金残高が20,000ドルを超えると、レバレッジが最大200倍に制限されるので、その場合はZERO口座に移行してもよいと思います。

ZERO口座

手数料が安く抑えられます。レバレッジ500倍以上の取引を必要としない場合は、「ZERO口座」をおすすめします。

マイクロ口座

スタンダード口座の取引額が小さいバージョンの口座タイプで、どちらかというとシステムトレードなどのバックテストに使用されている場合が多いです。スタンダード口座でも少額取引(1,000通貨単位など)ができるので、基本は「スタンダード口座」を選択すれば問題ないです。

XMに関連した記事